復縁アプローチを開始する

却期間は、
ハッキリ言ってツライです。

連絡を断っているうちに―――

自分のこと忘れないかな・・・
新しい恋人ができないかな・・・
携帯を変えてしまわないかな・・・

考え出すと、不安は尽きません。

そんな胸が張り裂けそうな夜を過ごし、
枕を濡らして・・・

晴れて、復縁アプローチ解禁です。

もう誰にも邪魔はさせない!
自分がどれだけ不安だったかを思い切りぶつけて、
自分の熱い想いを感じてもらう!!

というノリは、
復縁メールにも書きましたが、
絶対にやってはいけません。

復縁アプローチの目的を明確に!

ツライ冷却期間を乗り越えた次の段階でのアプローチ。
なぜ前述のように思いの丈をぶつけてはいけないのか?
それを解明するために、この段階の目的を明確にしましょう。

それは、
相手の心を開くことです。

元恋人がいまでも好きなアナタには
自覚はないかもしれませんが、
お相手は、ほとんどの場合、
アナタを警戒して、心を閉ざしています。

それを和らげるために冷却期間をもったのです。
ですから、そこでアナタが自分本位の想いをぶつければ、
相手は、以前にも増して、固く心を閉ざしてしまいます。

この段階のアプローチは、
相手を口説き落とすというイメージではなく、
閉ざされた扉を開くイメージです。
そのために、
辛抱強くアナタの良い部分をちょっとづつ見せていく作業になります。

繰り返します。
冷却期間後のアプローチの目的は、
相手の心を開くことです。

これを頭に叩き込んで、
常に目的から逆算した復縁メールの内容にしてください。

このアプローチ期間は、
相手が心を開いた兆候を見せるまで続けてください。
その兆候は、

①2人の昔話を自然にしてくる
②恋愛に関する話題を出す
③自分の返信ペースを相手が越える

この辺をクリアーしたら、
次の段階へ進みましょう。

実践的なテクニックに関しては、復縁メールカテゴリーを参考にしてください。

タグ

2012年8月30日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:復縁方法

レベルの高いメールで好感度アップ

れまでの記事の中で、
返信のペースや、文章量を合わせていくことが、
復縁メールの基本であることを述べてきました。

この辺の基本は、
意識していれば簡単に実践できるレベル内容だったと思います。

そこで、何通かやりとりをする中で、
もっと好感度をあげたい!
より効果的なメールを送りたいと思ったことでしょう。

そんな方へ、
もう1ランクアップさせる返信文の書き方をレクチャーします。

1ランクアップさせる返信メール

1ランクアップさせる返信文とは、
上手に相手を誉めることです。

なんだ、そんなことか・・・。
それくらい意識してるよ。。

なんて思わないでください。
上手に誉めるって意外と難しいことですよ。

例えば、
相手が風邪をひいた時、誉めようと思いますか?
せいぜい、『身体を大事にしてね』
といった思いやりのある言葉をかける程度でしょう。

でも、ワンランク上の返信は、
そこで誉めます。

『いつも頑張ってるから、
身体を休めるためにくれた
神様のご褒美だよ。』

なんて言われたら、
ちょっと嬉しくなりますね。

注意点

ちろん、
何でもかんでも誉めればイイわけではありません。
普段の発言と整合性を持たせた誉め言葉の方が、
効果的であることは言うまでもありません。

さらにいうと、
相手がネガティブになっている時こそ、
誉めの効果は高くなります。

ネガテイブなのに、
あえてメールする場合は、
潜在的にポジティブにして欲しいと
相手は望んでいるからです。

そんな時、
さらりと相手を誉めることができたら、
今後、相手はアナタにメールせずにいられなくなることでしょう。

タグ

返信が来た!その時どんなメールを返す?

復縁メールのペースはどれくらい? で述べたように、
復縁メールでは、相手のペースと文章量を合わせることが基本です。

では、内容はどんなことを書くべきか?
残念ながら、何を書くべきかまでは、
人それぞれ異なるので、
これと言った答えは出せません。

とはいえ、注意したいポイントはありますので、
それだけはおさえておきましょう。

注意したいポイント

れは、
ネガティブな内容を書かないことです。

相手との関係が進展しないと、
精神的に落ち込み、同情を引きたくなることがあります。

そして、良い関係だった頃のように、
いまでもきっと優しい言葉を投げかけてくれると期待して、
つい不幸な自分アピールをしてしまいます。

依存関係

に依存関係にあった場合、
その傾向が強いようです。

しかし、そういったメールは相手にプレッシャーを与え、
更には、アナタの魅力を低下させます。

復縁メールは、相手との関係を再構築させることが目的です。
付き合っていた頃より、魅力的なアナタをみせて、
相手に好きだと思わせることが必要なのです。

復縁したい相手に救済を求めるのは、やめましょう。
例え、それで関係を持つことになっても、
明るい未来は、なかなか描けません。

むしろ、相手の悩みを聞いてあげるくらいになりましょう。
そして、相手に頼らなくても輝く自分になれば、
相手の警戒心は解け、自然とメールのやり取りは盛り上がっていくでしょう。

タグ

復縁メールのペースはどれくらい?

慢を重ねた冷却期間を経て、
最初に送った復縁メールに返信が来た!

当然、アナタは心踊り、
スグに返信を出したくなります。

しかし、ここで気をつけてください。
相手はアナタと同じテンションでしょうか?

喜んで返信してくれている場合もあります、
しかし、義理で返事をくれている場合もあります。

この見極めは重要です。
とはいえ、
文面だけじゃ相手のテンションはわからない
でしょう。

そこで復縁メールのテクニック

復縁メールのテクニック

手との心理的なギャップをうまないために、
自分が送ってから相手の返信が来るまでの時間と同じ分
返信をストップしましょう。

気が重い相手の場合、
返信が遅くなることはアナタにも心当たりはありませんか?
即レスがくると、返信をせがまれているような気分になって、
心理的なプレッシャーが増しませんか?

それと同じです。

返信のリズムを合わせることで、
相手の心理的な負担を減らすのです。

もう1つのテクニック

して、もうひとつのテクニック。
それは、同じ文章量にすることです。

返信のタイミングを同じ発想です。
相手にプレッシャーをかけないために、
文章量も合わせるのです。

この2つを心掛けるだけでも、
相手の負担はだいぶ異なります。

復縁メールは相手との関係を再構築することが、
最初の目的です。

相手と会えるようになるまで、
想いをぶつけるのはガマンしてください。

タグ

男女によるメールの受け取り方の違い

の記事では、
男女による言葉に対する受け取り方の違いを知ることで、
復縁に向けた円滑なメール交換のお役に立てれば幸いです。
(※今回は、独断と偏見が強いです)

言葉対するスタンス

男性の場合

  • 正確に伝えたい
  • 直接的な意味として理解する

女性の場合

  • 婉曲的な表現で相手に理解を委ねる
  • 間接的に行間を読み取る

もちろん、個人差はあるし、
すべて当てはまるわけではありません。

しかし、こういった特徴を理解しないことで、
小さな紛争が起こります。

例えば、

男性:「今日のディナーは何系にする?」
女性:「どこでもイイよ」
男性:「じゃあ、和食ね」
女性:「和食の気分じゃないかも」(–気持ち– 勝手に決めるな)
男性:「どこでもイイって書いてたじゃん・・・」(–気持ち– イライラ)

男女の会話でありがちなこんなシーンは、
お互いにストレスを感じます。

最初に女性が発した「どこでもイイよ」を
男性は直接的に受け止め、
どんなお店になっても従うという意味にとらえます。
一方、女性はノーアイディアという意図で発しているので、
話が通じない人と感じます。

こんな行き違いが世界中で毎日起こっています。

メールの受け取り方

さらに、メールになると、なお伝わらなくなります。
例えば、アナタが女性の場合、

「なんかイイことないかな?」

と書いた時の意図は、
――どこか遊びに連れて行って!

しかし、男性はこう返信するかもしれない

『イイことの定義は?イイことが起こるための努力はしてる?
宝くじだって買わないと当たらないんだよ。』

逆にアナタが男性ならば、

イイことないかな?の意図は、
――SEXしたいよぉ~

それに対して、こう受け取るかもしれない。
『私とメールするのがツマラナイってこと?』

これくらい男女では、
言葉に対する受け取り方が異なります。
相手の理解しがたいリアクションも、
男女の違いと割り切って、メール交換に望むと良いかもしれません。

タグ

復縁の冷却期間

どんな復縁マニュアルでもほとんど
冷却期間を持つべきだと書いています。
短いものでは3ヶ月、長いものでは半年くらいに設定しているようです。
その間、会うことはおろか、メールさへ断つべきだと書いています。
極端なモノでは、アドレス帳から削除して、
強制的に連絡をとらないことを指南しているものまであります。

私自身も冷却期間を置くことは、同意します。
というのも、別れたからにはそれなりの理由があり、
別れた時点では、相手はアナタに良い印象を抱いていません。
その悪いイメージを払拭するために冷却期間を置くのです。

このテクニックを聞くと、
好印象を抱かせる行動で、悪いイメージを消す方法もあるのでは?
と、考える方もおられます。

でも考えてみてください。

例えば、アナタが嫌いな人に容姿を誉めらた場合、
嬉しいと感じますか?
やもすれば、気持ち悪いとさへ
感じることもあるのではないでしょうか?

例え、同じ行動でも状況が変われば、
相手の受け方は変わってしまうもの
なのです。

別れた時点というのは、まさにその状況で、
アナタの想いが届く可能性が低いのです。

信じてみる

そこで、冷却期間を置く方法を信じてみてください。
人間は忘れます
悪い印象も一定の期間が過ぎると、薄れていくのです。

「その間に新しい恋人ができてしまわない?」

そう不安になる方もいるかもしれませんが、
出来るときは出来るし、出来ない時は出来ない、
ただ、いま何をしても逆効果になるのだから、
冷却期間を置きませんか?、としか言えません。

辛い言い方になるかもしれませんが、
私は、リスクを負ってでも冷却期間を置くのが
ベストの手段と考えます。

自分磨き

そして、この期間を使って、
自分磨きをしてみてはいかがでしょう?

半年経って、悪い印象を拭えても、
別れたときのアナタのままでは、
復縁は難しいかもしれません。

その間に、別れた原因を見直して、
新しいアナタになって、復活愛を遂げてみませんか?

タグ

2012年8月20日 | コメント/トラックバック(105) |

カテゴリー:復縁方法

このページの先頭へ