復縁のために偶然を装うメールの書き方

縁のメールの考え方は、他の記事に任せるとして、
ここでは最初の入り口となるメールの例文について考えます。

基本はとにかく軽くする!
ということなので、偶然を装ってアプローチするパターンや、
連絡をとることに必然性をもたせるパターンのメール例文を挙げていきます!

偶然届くメール

偶然を装うメールと聞いて違和感を持たれた方もいるのではないでしょうか? メールは意図して送るものだから、偶然なんてありえない!
その気持ち分かります。
でも、あるのです。自分の意思とは関係なく、意中の人にメールを送られることが!

それは、
Facebookに登録して、相手の連絡先をアドレス帳に登録しておけばイイのです。
あとはFacebook頼みでOK!
これによって、アナタの存在をアピールすることができます。
また、スートフォンを利用している方で、相手もスマフォユーザーであれば、
LINEやカカオトークといったアプリを利用することでも同様のことが可能です。

いずれも出来ない方は、奥の手として、
アドレス変更のお知らせという手もあります。
こちらは、アドレス変更といいながら、
意中の人には特別にメッセージを添えられるので、より効果的です。

その際には、軽くするということが原則なので、
気軽に連絡してね!
最近、調子はどう?
仕事を頑張りすぎないでね♪
といったレベルのものが良いでしょう。

いずれにしても、メッセージ性は薄いですが、
存在をアピールするには十分です。
次はよりメッセージの性の強い「必然性を持たせるパターン」について考えてみましょう。

必然性を持たせるメール

必然性を持たせるメールは書き方以上に、
『どんなケースがあるのか?』が重要なので、必然性を持たせるケースについて考えたいと思います。

必然性を感じるパターン
  • 相手に部屋に置いていた荷物を引き取る連絡
  • 共通の知人の連絡先を聞く
  • PCやスマホの使い方を教えてもらう

その他相手の得意なものに関して聞くのはアリでしょう。
ただし、その際に最初から復縁願望がみえみえのメールにならないように気をつけましょう。

NGなパターン
  • 誕生日のおめでとうメール
  • あけおめメール

悪いことじゃないけど、誰にでも送っている感があるのと、復縁願望がみえてしまうので、避けたほうが良いでしょう。

ということで、ざっと例を挙げましたが、あまり難しく考える必要はないと思います。
冷却期間をおき関係がリセットされたら、試してみてください。

タグ

2012年11月8日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:復縁メールの書き方

元カレと出会い直す

回は復縁に対する心構えです。
具体的なテクニックに関しての説明はありませんが、
非常に大事な部分なので、しっかりとおさえてください。

縁りを戻すという発想はNG

他の復縁本にも書いてあることですが、
復縁を願うほど、復縁には結びつかないという悲しい現実があります。

これはワタシの経験だけではなく、
復縁に携わる権威が膨大なケースから導き出した結果なので、そういうものとして受け止めるしかありません。

例えアナタが「元に戻りたい」と願ってもそれはうまくいかないのです。
「元に戻りたい」という気持ちは復縁の妨げにしかならないとさへ言えます。

では、どうしたらイイのか?
困っちゃいますね。。。

発想の転換

結論からいえば、「やり直したい」と思わないことです。
つまり、やり直すではなく、新しい自分になって、
出会い直すべきなのです。

妙なレトリックになってしまいましたが、
この発想の転換が重要なのです。

ほとんどの復縁が成就したカップルは、
会わない期間を経て、お互いが昔の自分とは異なった、
それはまるで新しい出会いのように、リセットして出会っているのです。

中には、当然片方が復縁を望んでいたケースもありますが、
詳細に事情を聞けば、関係がリセットしているケースがほとんどなのです。

ですから、もしアナタが復縁をしたいと望むならば、
妙な復縁工作に執心せず、再び元恋人と出会った時に「恋したい!
と思わせるように自分磨きをすることが、本当の意味での復縁活動になるのです。

タグ

2012年11月1日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:新しい自分になる

このページの先頭へ