会うタイミングはいつがイイ?

ナタは、一定の冷却期間を経て、
元恋人とのメールのやりとりは復活しました。

そして、復縁メールの書き方にある注意を守って、
楽しくメールを続けています。

すると、次のステップに進みたくなります。

――会いたい。。
――でも、誘って断られたらどうしよう?

そんな思いが頭をグルグルと巡って、
思い悩みます。

断られたってイイ

んな気持ちを打ち明け、
どうしたらイイか質問されることがあります。

そんな時は、
断られたってイイじゃない と答えます。

「えっ!?」
「ここまで周到に準備して、それが答え?」
と当惑したり、
なかには、怒り出す方もおられます。

もちろん、
最良のタイミングでアプローチするのは前提ですが、
『断られてもイイ』の真意は、
誘った際の結末が、
どちらに転ぶかはあまり問題ではないということです。

結末は、例えアナタがベストを尽くしても、
うまくいくこともあれば、うまくいかないこともあります。

ですから、結末を案じて、
思い悩むことは、あまり意味がないのです。

発想の転換

して、結果よりも大事なものがあります。
それは、相手の答えを聞いた時の
アナタのリアクションです。

たとえ誘った結果、断られても、
アナタのリアクション次第で、
次のチャンスは訪れます。

逆に、一度断られただけで、
この世の終わりみたいなリアクションであれば、
気まずい空気になり、
相手との関係がギクシャクすることでしょう。

ですから、悩む暇があれば、
OKの時、NGの時のリアクションをシュミレーションすることに
アナタのエネルギーを使いましょう。

断られた時でも、相手を思いやる余裕があれば、
チャンスは何度でも訪れるのです。

関連記事:

  1. 復縁アプローチのタイミングは?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:アプローチ

このページの先頭へ