復縁アプローチのタイミングは?

縁において、思い立ったが吉日という考え方は当てはまりません。
むしろ、思い立っても反応を待つくらいのスタンスがイイでしょう。

とはいえ、ずっと待っているわけにもいきませんから、
どこかでアプローチをかけないといけません。

では、どんなタイミングでアプローチをかけるのが最適でしょう?

それを探るために、
一度冷却期間の意味について見つめなおしてみましょう。

冷却期間の意味

他の記事で冷却期間を置く必要を説いていますが、
改めて簡単におさらいすると、
冷却期間を置くことで、アナタの悪いイメージが相手から薄れます。

これが最大のメリットです。
そして、もうひとつ。
冷却期間にやっておくべきことを思い出しましょう。

それは、
自分磨きです。

相手が再びアナタを好きになるような自分になる。
それによって、同じ相手と新しい恋を始める。
これが冷却期間を置く意味でした。

翻ると、この自分磨きがうまくいったと確信した時、
アプローチの機は熟したと言えます。

タイミングを探るコツ

とはいえ、

  • アナタの悪いイメージが消える
  • 自分磨きに確信をもった

この2点は必要条件で、十分条件ではありません。
つまり、この2点はアナタ側の都合であって、
相手側の都合は考えていないということです。

相手側の都合に関しては、
メールのやりとりから、相手の気持ちを察するのが一番の方法ですが、
さらに精度をあげるテクニックがあります。

それは、情報収集です。

もし、相手の友人と連絡がつく状態にあるならば、
友人を通して、相手の状況を伺いましょう。

聞けばなんてことないテクニックですが、
いざ自分の話となると、冷静になれず先走りがちです。

戦略的に復縁するために、情報収集を心掛けましょう。
そして、より適切な復縁メールを開始するタイミングが探りましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:アプローチ

このページの先頭へ