自分を見つめなおす

近の傾向として、
相手との関係以前に自分の内面が解決できない、
相手のことは好きだが、行動に移す前に心理的な壁(モヤモヤしたもの)がある。
という相談を受けます。

そんなケースは、以下のように大別されると考えます。

  1. 相手を許せていない
  2. 自分に自信が持てない
  3. 相手に迷惑が掛かると思う

①,②に関しては、
自分を見つめ直すことで前進する可能性があると思います。
③に関しては、TOPページでも言っていますが、
復縁に対するスタンスに問題があるように思えます。

相手が既に結婚している場合などを除いて、
アナタが復縁を望むことに罪悪感を感じる必要はありません。
復縁を望むのは自由です。
やってはいけないのは、相手が嫌がることをすること。
アナタがすることは、相手が復縁を望んでもらうように努力すること
そういう発想であれば、③のような考えに陥らないかと思います。

相手を許せていない

ライドが高い方は、相手のことを愛しているのに、
プライドが邪魔して、行動に移せないことがあるようです。
特に男性に強い傾向があるようです。

そんな時は、将来を思い描いて紙に書き出しましょう。

  • プライドを守ったときに得られるメリット・デメリット
  • 相手を許して復縁したときに得られるメリット・デメリット

思いつく限り書き出しましょう。
すると頭はスッキリします。
その結果、どういった結論を出すかはアナタ次第です。

自分に自信が持てない

1度フラれた経験があれば、
自分に自信が持てなくなるのは当然です。
しかし、フラれたのは過去の自分で、
相手と復縁する未来の自分に
自信を持たない必要があるでしょうか?

ということで、このケースでも将来を思い描いて紙に書き出しましょう

  • フラれた時の過去の自分の性格・環境・容姿
  • 復縁が成就した未来の自分の性格・環境・容姿

細かく考えるとキリがないので、
直感的に思いつくことを数個書き出せば充分です。
後は、相手が復縁したいと願う自分になるように努力するだけです。
未来の自分に自信を持てば良いのです。

関連記事:

  1. 別れのパターン

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:別れた原因を探る

このページの先頭へ