愛されるためのテクニック

されるためのテクニックと
仰々しいタイトルにしたわりに、
月並みなことを書くので恐縮ですが、

愛されるには人を愛そう

これって、真理だと思います。
その好意が一方的だったり、
テンションに大きな差がなければ、
自分に好意を寄せてくれる人は
なかなか嫌いになりませんよね。

愛を伝える方法

いうことで、
自分が愛していることを相手に伝えないといけません

100回「愛してる」と言いますか?
じっと見つめ続けますか?

どちらも伝わらないことはありませんが、
関係性が出来る前にやると重いですね。
もっと簡単に愛情を伝える方法があります。

それは、
相手を誉めることです。

どんな誉め方がイイ?

っかく誉めるなら、
効果的に誉めたいものです。
では、どんな誉め方が良いでしょうか?

色々な誉め方を見るなかで、
私が出した答えは、
説得力があればあるほどイイ ということです。

例えば、
アナタが走った時にボルトに走り方を誉められたら、
無条件に嬉しいですよね?
それは、ボルトの言葉に説得力があるからです。

もちろん、
アナタがその道の権威になれということではありません。
その言葉に説得力があればイイのです。
アナタの言葉が的を得ているように思わせるほど
説得力は増し、相手は喜びます。

上手に誉めて、愛情を伝えましょう。
そして、愛されるアナタになりましょう。

関連記事:

  1. 復縁できるのはどんなタイプ?
  2. 依存から脱却する
  3. 自分探しって何だろう?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:新しい自分になる

このページの先頭へ