誘われやすい人のメカニズム

のサイトの熱心な読者であればあるほど、
たくさん読んでいくうちに、
いろいろ気を使うのって、面倒クサイな~
と思うこともあるでしょう。

そして、
誘う側の人間ではなくて、
誘われる側の人間になれたらいいのに・・・

なんて思いませんでしたか?

私も同意見です。
そして、それこそが、
このサイトの目指す、復縁方法だと思っています。

誘われやすい人ってどんな人?

ということで、
誘われる側の人間になるために、
誘われやすい人について考えてみましょう。

誘われやすい人をひと言でいえば、
『心の窓を全開にしている人』
です。

なんとなくイメージは伝わると思うのですが、
オープンな性格で、素直な感情をみせて、
良いリアクションをとることができる人という感じです。

『ランチいかない?』
に対して、
『行く、行く~』と食いついて行く人と、
『時間調整します』と事務的に返答して行く人なら
後々、どっちが誘われやすくなるか明白ですよね?

諸々、細かい条件は抜きにして、
誘われやすい人=リアクションの良い人
ということが言えると思います。

どうして誘われる?

いわゆる打てば響くを実践できていると、
誘う側は、楽なのです。

人間は、とにかく面倒くさがりで、
楽をしたがる生き物です。

それは、普遍的でDNAに組み込まれているので、
ほとんど無意識に楽な人を誘うのです。

むろん、デートのお誘いなどは、
容姿の好みや損得も関わってきますが、
同じ条件であれば、確実に楽なほうを選ぶのです。

ですから、良い反応を続けていると、
誘う側は余計な感情の起伏を起こさないことが分かるので、
誘うことへの抵抗感がなくなるのです。
結果、誘いやすくなるというメカニズムになります。

つまり、
誘われやすい人になりたければ、
リアクションは大きく、はっきりと!
を胸に、相手にとって楽になれる存在になるようにすれば良いのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:新しい自分になる

このページの先頭へ