復縁の冷却期間

どんな復縁マニュアルでもほとんど
冷却期間を持つべきだと書いています。
短いものでは3ヶ月、長いものでは半年くらいに設定しているようです。
その間、会うことはおろか、メールさへ断つべきだと書いています。
極端なモノでは、アドレス帳から削除して、
強制的に連絡をとらないことを指南しているものまであります。

私自身も冷却期間を置くことは、同意します。
というのも、別れたからにはそれなりの理由があり、
別れた時点では、相手はアナタに良い印象を抱いていません。
その悪いイメージを払拭するために冷却期間を置くのです。

このテクニックを聞くと、
好印象を抱かせる行動で、悪いイメージを消す方法もあるのでは?
と、考える方もおられます。

でも考えてみてください。

例えば、アナタが嫌いな人に容姿を誉めらた場合、
嬉しいと感じますか?
やもすれば、気持ち悪いとさへ
感じることもあるのではないでしょうか?

例え、同じ行動でも状況が変われば、
相手の受け方は変わってしまうもの
なのです。

別れた時点というのは、まさにその状況で、
アナタの想いが届く可能性が低いのです。

信じてみる

そこで、冷却期間を置く方法を信じてみてください。
人間は忘れます
悪い印象も一定の期間が過ぎると、薄れていくのです。

「その間に新しい恋人ができてしまわない?」

そう不安になる方もいるかもしれませんが、
出来るときは出来るし、出来ない時は出来ない、
ただ、いま何をしても逆効果になるのだから、
冷却期間を置きませんか?、としか言えません。

辛い言い方になるかもしれませんが、
私は、リスクを負ってでも冷却期間を置くのが
ベストの手段と考えます。

自分磨き

そして、この期間を使って、
自分磨きをしてみてはいかがでしょう?

半年経って、悪い印象を拭えても、
別れたときのアナタのままでは、
復縁は難しいかもしれません。

その間に、別れた原因を見直して、
新しいアナタになって、復活愛を遂げてみませんか?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:復縁方法

このページの先頭へ