復縁メールのペースはどれくらい?

慢を重ねた冷却期間を経て、
最初に送った復縁メールに返信が来た!

当然、アナタは心踊り、
スグに返信を出したくなります。

しかし、ここで気をつけてください。
相手はアナタと同じテンションでしょうか?

喜んで返信してくれている場合もあります、
しかし、義理で返事をくれている場合もあります。

この見極めは重要です。
とはいえ、
文面だけじゃ相手のテンションはわからない
でしょう。

そこで復縁メールのテクニック

復縁メールのテクニック

手との心理的なギャップをうまないために、
自分が送ってから相手の返信が来るまでの時間と同じ分
返信をストップしましょう。

気が重い相手の場合、
返信が遅くなることはアナタにも心当たりはありませんか?
即レスがくると、返信をせがまれているような気分になって、
心理的なプレッシャーが増しませんか?

それと同じです。

返信のリズムを合わせることで、
相手の心理的な負担を減らすのです。

もう1つのテクニック

して、もうひとつのテクニック。
それは、同じ文章量にすることです。

返信のタイミングを同じ発想です。
相手にプレッシャーをかけないために、
文章量も合わせるのです。

この2つを心掛けるだけでも、
相手の負担はだいぶ異なります。

復縁メールは相手との関係を再構築することが、
最初の目的です。

相手と会えるようになるまで、
想いをぶつけるのはガマンしてください。

関連記事:

  1. 男女によるメールの受け取り方の違い
  2. 復縁メール、最初の一通目

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:復縁メールの書き方

このページの先頭へ