男女によるメールの受け取り方の違い

の記事では、
男女による言葉に対する受け取り方の違いを知ることで、
復縁に向けた円滑なメール交換のお役に立てれば幸いです。
(※今回は、独断と偏見が強いです)

言葉対するスタンス

男性の場合

  • 正確に伝えたい
  • 直接的な意味として理解する

女性の場合

  • 婉曲的な表現で相手に理解を委ねる
  • 間接的に行間を読み取る

もちろん、個人差はあるし、
すべて当てはまるわけではありません。

しかし、こういった特徴を理解しないことで、
小さな紛争が起こります。

例えば、

男性:「今日のディナーは何系にする?」
女性:「どこでもイイよ」
男性:「じゃあ、和食ね」
女性:「和食の気分じゃないかも」(–気持ち– 勝手に決めるな)
男性:「どこでもイイって書いてたじゃん・・・」(–気持ち– イライラ)

男女の会話でありがちなこんなシーンは、
お互いにストレスを感じます。

最初に女性が発した「どこでもイイよ」を
男性は直接的に受け止め、
どんなお店になっても従うという意味にとらえます。
一方、女性はノーアイディアという意図で発しているので、
話が通じない人と感じます。

こんな行き違いが世界中で毎日起こっています。

メールの受け取り方

さらに、メールになると、なお伝わらなくなります。
例えば、アナタが女性の場合、

「なんかイイことないかな?」

と書いた時の意図は、
――どこか遊びに連れて行って!

しかし、男性はこう返信するかもしれない

『イイことの定義は?イイことが起こるための努力はしてる?
宝くじだって買わないと当たらないんだよ。』

逆にアナタが男性ならば、

イイことないかな?の意図は、
――SEXしたいよぉ~

それに対して、こう受け取るかもしれない。
『私とメールするのがツマラナイってこと?』

これくらい男女では、
言葉に対する受け取り方が異なります。
相手の理解しがたいリアクションも、
男女の違いと割り切って、メール交換に望むと良いかもしれません。

関連記事:

  1. 復縁メール、最初の一通目

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

カテゴリー:復縁メールの書き方

このページの先頭へ